感染症対策の「ブルーシールド」5層高性能3次元マスク「VP99」を1枚55円で販売

株式会社パイオニア・システム(本社:大阪府大阪市、代表取締役:猪野 雅則)は、除菌し続ける日本製マスク「ブルーシールドVP99」のK・F(2タイプ)を2021年3月23日(火)より予約販売開始いたします。
N99/FFP3相当のフィルター性能と、医療用マスクに必要な血液不浸透性・低延焼性を兼ね備え、呼吸抵抗性はFFP1-3全てに適合したハイスペックの3次元マスクに抗菌コーティングを施しました。感染症から身を守るため、いつでもどこでも気軽に使える価格の1枚税込55円でご提供します(送料別)。
https://www.blueshield.jp/

感染症対策マスク「ブルーシールドVP99」の5つの特徴

1.VFE・BFE・PFE 99%以上のフィルター性能(N99/FFP3と同レベル)・高フィット性能
2.医療用マスクに求められるスペック(血液不浸透性レベル2・延焼性 Class 1)
3.金属イオン抗菌コーティングで除菌
4.高負荷作業時も快適に使用できる呼吸抵抗性能
5.UVと高温による滅菌済み・安心の個包装(食品用包装材使用)

感染症対策マスクVP99 Nタイプのスペック

各種試験データの詳細

VFE:カケンテストセンターによる試験/試験方法:ASTM F2101  99%以上
BFE :SGSによる試験/試験方法:ASTM F2101-2019 99%以上
PFE:カケンテストセンターによる試験/試験方法:ASTM F2299  99%以上
人工血液バリア性:カケンテストセンターによる試験/試験方法:ASTM F1862(ISO 22609)圧力16.0kPa(120mmHg)で浸透なし
呼吸抵抗性:SGSによる試験/試験方法:EN 149:2001+A1:2009 FFP1-3 全適合

ブルーシールドVP99誕生の背景

「感染症から本当に身を守れるマスクを、できるだけ安価に多くの人に使ってほしい」という願いから、開発が始まりました。当社はホテルメンテナンス・清掃業務を通して、除菌剤の開発や感染症対策のノウハウを蓄積してきました。ホテル清掃スタッフを守るため、高フィルター性能と呼吸のしやすさを両立したマスクを開発しました。あらゆるシーンでお使いいただけるよう、医療用マスクに求められる条件を満たしています。

ブルーシールドVP99の使い方/利用シーン

日常の感染症対策に:低コストで個包装なので、感染リスクの高い場所に行った後は気軽に交換できます。
高負荷作業時の防塵・感染症対策、接客スタッフに:呼吸抵抗性を抑えていますので、清掃など体を動かす仕事に従事するスタッフや、お客様との会話が多い接客スタッフにも最適。
医療従事者や接客業スタッフの感染症対策に:医療用マスクに求められる性能を満たしていますので、医療従事者にもお勧め。

【予約受付方法】

予約開始日:2021年3月23日
予約方法:ウェブサイトでの申し込み
URL:https://store.blueshield.jp/

【ブルーシールドマスクVP99製品概要】

発売開始日:2021年4月1日
価格:2,750円(送料別)
販売方法:当社ECサイト
販売店:https://store.blueshield.jp/

株式会社パイオニア・システムについて
ホテルメンテナンス・清掃業務事業を中心に、除菌剤・抗菌剤・消臭剤・洗剤・清掃資機材の開発を行ってきました。得られたノウハウをマスク開発に活かしています。

【会社概要】

会社名:株式会社パイオニア・システム
所在地:大阪府大阪市北区西天満3-5-10オフィスポート大阪7F
代表者:猪野 雅則
設立:平成21年6月19日
URL:https://pioneersystem-inc.com/
事業内容:
• ホテルメンテナンス(フロント業務/客室清掃業務/客室維持)
• 清掃要員の教育
• 使用する清掃資機材の自社開発及び販売
• マスクの開発及び販売
• メンテナンス手法の開発
• 水回りリニューアル工事の新手法開発
• 施設メンテナンスのコンサルタント

【お客様からのお問い合わせ先】

パイオニア・システムサポートデスク
TEL:06-6948-5497(平日9:00〜18:00)
e-mail:support@pioneersystem-inc.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

株式会社パイオニア・システム 森下 力
TEL:080-3861-6693
e-mail:support@pioneersystem-inc.com

最近の記事一覧

Microsoft Teamsの設定手順

Microsoft Teamsの設定手順

弊社は社内、また社外のお客様との密なコミュニケーションを実現するため主にMicrosoft Teams(チームズ)を使用しております。このページではその手順をご紹介いたします。...